カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会、p33〜p37
ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会

”ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会”

p37より
▼計画的に設定され、制御されたシステムの中で、何か(たとえばダイエット)をするのがより安全になっている。
▼人々は、どのような人種やジェンダー、あるいは社会階級であろうと、同時に取り扱われる可能性がいっそう高くなってきている。
▼組織的、技術的革新はオペレーターのネットワークを介して迅速かつ容易に拡散されるようになった。
▼ある文化の産物を別の文化へ伝播することがいっそうたやすくなった。

p34より
4番目の次元は制御、とりわけ人間技能の人間によらない技術体系への置き換えという制御である。

p33より
マクドナルド・モデルの成功が示唆しているのは、人々の多くが意外な驚きのほとんど存在しない世界を選好するようになってきているということなのである。

マクドナルド化した組織は、従業員が覚えることになっていたり、特別な出来事が起こった際に従うことになっているマニュアルを備えている。このマニュアル化された行動は、従業員と客の相互作用における行動を予測可能なものにするのに役立っている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/99-4b8a4218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。