カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】エンロンの衝撃―株式会社の危機
エンロンの衝撃

” エンロンの衝撃―株式会社の危機 (単行本)”

 機関投資家資本主義、法人資本主義、アメリカと日本に違いはあれど、
長期的視点に立った経営は望むべくもない、
 株式会社の発生に際して、
J.S.ミルが有限責任は無責任経営になるから、
資本が充実していることと財務内容が正確に公開されていることを条件にした
という大前提が忘れ去られ、無責任経営になっているという指摘は大いに首頷する。
 小泉改革なるもの、「民間でできるものは民間でする」、が一体なんだったのか考えさせられる。
我々はエライ先生方に騙されてはいけない。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/379-002ee42d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。