カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(40)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

完全に発達した官僚制の権力的地位はつねにきわめて大であり、正常の状態のもとでは卓絶している。官僚制が仕える「首長」が、「立法上の発議」や「国民投票」や官吏罷免の武器をもつ「人民」であるか、「不信任投票」の権利もしくは実力をもち、より貴族主義的かまたはより「民主主義的な」基礎にしたがって選ばれた議会であるか、それとも法制上または事実上の互選に基づく貴族主義的な合議体であるか、人民の選ぶ大統領であるか、世襲の「絶対」君主であるか「立憲」君主であるかにかかわりなく、ーおよそこれらの首長は。行政運営の掌にあたる教育ある官吏に比べると、つねに「専門家」にたいする「ディレッタント」の状態にある。(p59-p60)
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/373-97ecd940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。