カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(15)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

文化の性格は国家権力の構造によってきわめて強い影響をうけるものである。むろん、その影響は、〔文化の〕国家的経営や国家的統制という形態で現れることは余りなかった。このことは、司法からはじめて教育にいたるまであてはまる。むしろ、かような文化に対する要求の増大は、程度の差こそあれ、〔一般に〕国家のなかでももっとも大きな勢力をもつ階層の富が増大する程度に依存している。〔したがって〕そのかぎりで、官僚制化の進行は、消費的に処分できかつ消費的に使用される財の増加と、かような財によって与えられる機会に対応して、ますます洗練されてきた、外的生活形成上の技術〔の進歩〕の関数である。(p31)
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/314-8a19df70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。