カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルちゃん(カール・マルクス)登場(笑)。
komuro.jpg

経済学をめぐる巨匠たち
最近、政治の右傾化のせいか、
マルクスやエンゲルスの名前を聞く事はあまりないのですが
ちゃんとした”資本主義の分析”を行ったということで
正当に評価されてもいいんじゃないかなと思いますが。
という私も”経済学・哲学草稿(岩波文庫)”ぐらいしか読んでませんが(笑)。
資本論は100ページぐらいでダウンしました。全然理解出来なかったです。
エンゲルスは結構読み易いんですけどね。
ところで、著者によると
マルクスのいう「疎外」とは「社会現象には法則性がある」ということであり、
そのの神髄とは、”この世の経済・社会・歴史にはそれを動かす一般法則が存在し、
人間にはこの法則を操作する力等ない”ということだそうだ。

他、マルクスの”ルイ・ボナパルトのブリューメル18日”はなんとか手に入れて
ボナパルティズムを理解し
”デモクラシーの極度に発展した地域にはファシズムが台頭する”ことを理解したいです。
”なぜ、ファシズムが台頭するのか”というのは私のずーっと抱いている疑問なのです。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/31-c5ac9a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。