カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(2)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

1 規則、すなわち法規や行政規則によって、一般的な形で秩序づけられた明確な官庁的権限の原則
3つの契機
1)官僚制的に統治される団体の目的を遂行するに必要な規則的な活動が、いずれも明確な形で分配されている
2)この義務の遂行に必要な命令権力が、同じく、明確に分配され、かつそれらに割り当てられた強制手段(物理的または宗教的あるいはその他の)も、規則によって厳格に制限されている
3)かように分配された義務を規則的かつ継続的に遂行し、それに対応する権利を行使するための計画的な配慮。それは、一般的に規制された資格を具えた者を〔官吏に〕任命することによって行われる

公法的支配・・・官僚制的「官庁」
私経済的支配・・・官僚制的「経営」
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/291-feb4840a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。