カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ムッソリーニとお茶を
”ムッソリーニとお茶を”

期待して観ていなかったのですが
良かった。面白かった。
第2次世界対戦前からイタリアに住んでいるイギリス人女性たちが
戦争ぼっ発によって収容されていく話を時に喜劇的に描いた作品です。
フアシストの考えと貴族の考えが非常に近いことや
イギリスの貴族がアメリカ人をどうみていたのか、
イタリアが移民の国でありドイツとは事情が違っていたことなど
とても参考になりました。
ナチズムとファシズムは少し違うかもしれないので
ファシズム関連(イタリア)の本も読んでおかないといけないなと感じました。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/278-5651d784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。