カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書中】ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家(155/395)
ケストナー

”ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家 人物伝記ライブラリー”

ケストナーは児童文学作家だと思っていたのですが、
最初はそうじゃなかったんですね。
ジャーナリストといった方がいいのかも。
ケストナーの作品は、ケストナ-自身の生い立ちや周りのことが
色濃く反映されていることには大きく頷かされました。
この点はダールも同じですね。
ケストナーは、上から見下ろして指導していくような目線ではなく、
常に普通の人たちと同じ目線で描こうとしていたことには教えられる所が大きいし、
自分のできる所から始めようとする姿勢には深く共感します。
スポンサーサイト

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/266-3ae8fc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。