カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書中】ヒトラーの戦場―ヨーロッパを動かした男たち(172/260)
”ヒトラーの戦場―ヨーロッパを動かした男たち”

第2部終了。
ヒトラーが合法的に政権獲得に至った道を
具体的に知ることができました。
”敵の敵は味方”の典型的な例ですね。
共産化を防ぐために資本家はナチスと手を組み、
ユンカーや貴族たちもナチスを支援する。
まあ利害関係や思想的にも納得できる部分はありますけどねえ。
よほど共産主義化が嫌だったんでしょう。
他にもヒトラーは私生活においては質素だったとか
ラルフネーダー顔負けに公害問題を解決していったとか、
ベルリンオリンピックのリーフェンシュタール監督のこと、
など本当に面白いです。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/233-0f9dce57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。