カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会、p189〜p193
マクドナルド化する社会

”ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会”

p189より
その人は、自由に話すことができないと感じている。彼は拘束されている。コンピューターが彼を管理している。それはただフラストレーションを強めるだけである。……たしかに人間はコンピューターに適応できるが、それは技術体系の進んだ世界で生活していく悩みの種のひとつとして、無意識のなかに押し込んでいるというだけだ。

p193より
おそらく、次の大きな一歩は、人間のように考えたり意志決定ができる明晰な能力を機械に与える、人工知能の発達だろう。人工知能は、広範囲の分野(たとえば医学)において、多くの利点をもたらすと思われる。しかし、それはまた、人間から技能を奪いとる非常に大きな一歩である。結果として、人間の思考能力はますます人間から奪いとられ、人間によらない技術体系へと埋め込まれていく。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/121-b91b02e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。