カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会、p139より
マクドナルド化する社会

”ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会”

p173より
学生に対する制御は、実際には彼らが大学に入る前から始まっている。とくに小学校は、児童を管理する多くの技術体系を発達させている。多くの学校は、最初からきちんと、児童を規則に従わせようと努める。幼稚園は、教育的な「基礎訓練キャンプ」であると評される。規則に従うとよい児童とみなされ、したがわないと悪い児童という烙印を押される。だから大学を卒業した学生は、管理の仕組みにみごとに適応した人ということになるのである。学生は権威に従うだけでなく、丸暗記と客観テストという合理的な方法を喜んで受け入れるように教えられる。さらに重要なのは、自発性や創造力が評価されなかったり、喜ばれないことがあり、ある専門家が「従順性のための教育」と呼ぶ傾向がもたらされている。
p177~p180の記述は非常に重要。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/117-48434b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。