カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会、P49〜p52
マクドナルド化する社会

”ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会”

p52より
要は、合理性から逃避するためのルートがおおむね合理化されているということである。人びとにとって、合理性という鉄の檻の中で生きる以外にほとんど、あるいはまったく方法がないということだ。

p50より
官僚性は、そこで働いている者にとっても、またそこからサービスを受ける者にとっても、自らが脱人間化されつつある場所である。

P49より
人間によらない技術体系(たとえば機械や規則など)は人びとを管理しがちである。実際、官僚制は、それ自体ひとつの巨大な人間によらない技術とみなすことができる。官僚制にみられる自動制御運転に近似した性質は、人間による判断を規則や規定や構造の命令に置き換える画期的な試みとみなす事ができる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/102-63488536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。