カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会、p37〜p43
マクドナルド化する社会

”ジョージ・リッツア、マクドナルド化する社会”

p43より
全体として本書が主張いているのは、マクドナルドが途方もなく重大な発展を遂げていること、そしてマクドナルドの大量発生が強化している過程、つまりマクドナルド化が社会のますます多くの部門、及び世界のますます多くの地域の飲みつくしているということである。
マクドナルド化は社会に数多くの利点をもたらしているものの、それはまたかなり高いコストや危険をまき散らしているということである。

p38より
合理的なシステムは人間理性を否定する、つまり合理的システムはしばしば道理に適わないうことである。

p37~p38
合理的システムは不回避的に大量の非合理性をも引き起こす。マクドナルド化のマイナス面は、合理性がもつ非合理性という表題のもとでもっとも体系的に論じることができる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waterworks.blog7.fc2.com/tb.php/100-7f1d8677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。