カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】選択の自由―自立社会への挑戦
選択の自由

”選択の自由―自立社会への挑戦 (文庫) ”
”Free to Choose: A Personal Statement (ペーパーバック) ”

なんとか読み終えました。もちろん邦訳です(笑)。
最後の第10章はピンとこなかったですが、
フリードマンの考えに触れる事ができ、読んでよかったと思います。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】選択の自由―自立社会への挑戦(610/667)
選択の自由

”選択の自由―自立社会への挑戦 (文庫) ”
”Free to Choose: A Personal Statement (ペーパーバック) ”

第9章 インフレに対する治療 読了。

現代社会では、インフレは貨幣現象であって、
政府が通過供給量を決定する。その通りである。
であるがゆえに、政府に国債を発行させてはいけないのである。
最初はちょっとした借金がだんだん雪だるま式に増え、
借金で首が回らなくなったのが日本の財政である。
インフレは借金を棒引きにするが、庶民殺しである。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読了】芳賀 繁: 失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (文庫)
失敗のメカニズム

”芳賀 繁: 失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (文庫) ”

人間がエラーを起こしてしまう以上、
個人の起こしたエラーが重大な事故につながらないように
どう組織(チーム)として未然に防いでいくか、
著者は最後の第8章に、リーズン博士の言葉を借りて
4つの要素を取り入れていかねばならないと
述べておられる。その通りだと思う。
しかし組織は組織自身を守ろうとするために
個人を犠牲にするのはないだろうか?

安全文化を獲得するための4つの要素
1)報告する文化
2)正義の文化
3)柔軟な文化
4)学習する文化

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】選択の自由―自立社会への挑戦(548/667)
選択の自由

”選択の自由―自立社会への挑戦 (文庫) ”
”Free to Choose: A Personal Statement (ペーパーバック) ”

第8章 労働者を守るものは誰か を読了。

 正社員として働いていた人々をいとも簡単に派遣社員に置き換え、
労働コストを引き下げていった昨今の社会背景を考えれば
フリードマンの主張には疑問に感じていたのですが、
今回の社会保険庁の体質と労働組合とのもたれあいを考えれば
うなずける所もありますね。
”労働組合は決して組合員を守らない”と言うのは実感として持っていますから。
 結局、会社や官僚も含めた組織の評価を誰がするのかというのが重要で、
資本主義は曲がりなりにも市場(第3者の眼)で評価されるという監視機構を持っているがゆえに、社会主義や共産主義よりもマシだと思いますね。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。