カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(21)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

イギリスで合理的な法典編纂の努力がすべて失敗し、同様にローマ法の継承が失敗した理由は、統一的な組織をもった大きな弁護士組合の抵抗が成果を収めたことにある。かような弁護士組合は独占的な名望家層から成り、最高裁判所の判事たちはそのなかから出たのである。彼らは、高度に発達した経験的技術論に基づく法学教育を身に付けており、彼らの社会的および物質的な地位をおびやかす、合理的法へ向かう動き-こうした動きにはとくに宗教裁判所から、ときには大学からも現れた-にたいして効果的に闘った。そのさい、ローマ法や教会法にたいする、また教会の権力そのものにたいするコモン・ロゥ支持者たちの闘いは、大部分、経済的に、すなわち彼らの手数料の利害からひき起されたが、このことは、この闘争にたいして国王が干渉した仕方を見れば、明らかである。(p37)
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(20)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

近代文化は、それが複雑化されまた専門化されればされるほど、それを支える外的機構のために、個人的な同情や好意や恩恵や感謝によって動くかつての旧秩序の首長に代って、いっさいの私情を交えず、したがって厳密に「即物的な」専門家をますます必要とする。ところで、こうしたいっさいのものをもっとも好ましい組み合わせで提供するのが官僚制的構造である。(p35-p36)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(19)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

近代官僚制にたいしてもっとも重要な意味を持つのは、「計算可能な規則」という第二の要素である。近代文化の特質、とくにその技術的・経済的下部構造の特質は、まさしくこの、結果の「計算可能性」を必要とする。(p35)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(18)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

こんにち、行政にたいしてできるだけ迅速で、しかも的確、一義的、持続的な事務処理を要請するものがあるとすれば、それは、なによりもまず近代資本主義的経済取引の側である。通常、巨大な近代的資本主義的諸企業は、それ自身が厳格な官僚制的組織の無比の見本である。(p34)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(17)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

4 官僚制的組織の技術的利点
官僚制的組織が進出するための決定的な根拠は、以前から、それが他のいかなる形態より純技術的に優越しているということであった。完全に発達した官僚制機構の、他の形態にたいする関係は、ちょうど機械の非機械的な財貨生産様式にたいする関係に似ている。(p33)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読了】マックス・ウェーバー;官僚制
”マックス・ウェーバー;官僚制”

 読み終わるのに、えらい長いことかかりました(汗)。
たった76ページしかないんですが・・・。
 民主主義と官僚制の問題、まだまだ頭の中で整理し切れていません。
ウニ状態です。
 ウェーバーはナチス(国家社会主義)が到来することを
予見していたようなフシがありますね。
バリバリの愛国者ウェーバー(1920年に死去)が
1933年のたいまつ行列を見たとしたら
どんな思いだったんでしょうか?
 ともかく付箋を一杯貼っているので、またぼちぼちメモを取っていきます。
【映画】コルチャック先生【字幕版】
”コルチャック先生【字幕版】”

 200人の孤児たちと最後にはガス室送りになったコルチャック先生。
ドイツのポーランド侵攻とともにユダヤ人への弾圧が始まるわけですが、
実際には侵攻前から始まっているのだな、と実感。
 様々な手をつくして先生を逃がそうとするのですが、
先生は子供をおいて自分だけ逃げることを拒否。
 人間の尊厳とは何か、考えさせられます。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(16)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

最後に、本質上技術的な要因のうちで、すぐれて近代的な交通手段(公の陸路と水路、鉄道、電信、等など)の発達が、官僚制化の速度を規整するものとして問題となる。これらの交通手段を共同経済的に管理することは、ある意味では必然的であり、また、技術上の合目的の見地からも要求されるからである。(p32)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。