カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(10)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

恣意的な免職や転任にたいする法律上の保障が存したところでは、その目的は、ただ一つ、彼らが個人的な思惑に煩わされず、当該特定の職責を断乎として即物的に履行するのを保証しようとするにある。(p16)

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(9)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

 支配組織としての「カエサル主義」-これはしばしば民主主義のなかから成長する-の能率のよさは、一般に技術的に見て、「カエサル」が大衆(軍隊または市民層)の自由で伝統にとらわれない受託者たるの地位にあり、そしてまさにそのゆえに彼は、彼が個人的に自由にまた伝統その他ものを顧慮することなく選んだ、最適任の将校や官吏団にたいする絶対的な首長であるという事情に基づいている。しかしこのような「個人的天才の支配」は、形式的に「民主主義的な」原則に立つ徹底した選任官吏制度と矛盾する。(p16)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(8)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

 営利活動の余地が大きく社会成層の浮動性が強いために、専門的訓練を受けた行政への需要と身分的因習の支配がとくに弱いところでは、官吏そのものに対する社会的尊敬が特別に低いのがつねである。とくに合衆国においてそうである。(p13)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(7)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

2 それにもかかわらず、官吏の個人的地位はつぎのような形をとる。
1)公的なそれであれ、私的なそれであれ、近代的な官吏もまた、被治者に比べて、とくに高い、「身分的な」社会的尊厳をつねに求め、たいていの場合、それを享受する。(p12)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(6)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

仕事に就くといういうことは、私経済においても、生活の保障とひきかえに特殊な職務誠実義務を負うこととみなされる。近代的な職務誠実の特有な性格にとって決定的ことは、そのねらいが、純粋な型においては、たとえば封建制的または家産制的支配関係における封臣や従臣のように、ある個人にたいする誠実関係を結ぶことにではなく、非人格的な即物的目的のためにあるということである。(p11-p12)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(5)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

2 官吏の地位
1 官職は「天職」である。このことは、まず、明確に規定された訓育過程-これにはたいていのばあい全労働力を長期にわたって要求されるが-という資格要件のうちに、また、任用の前提条件としての、一般的に規定された専門試験のうちにあらわれる。(P11)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(4)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

近代的な職務遂行が規則によって拘束されるということは、きわめて深くその本質に根ざしている。(p10)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(3)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

これらの規則の知識は、それゆえに、官吏が身につけている特別の技術論(それぞれに応じて法律学、行政学、経営学)をなしている。(p10)

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【雑記】ランキング8位?
本・雑誌のランキングで8位になっていた。
1日、数名の訪問だと思うのだが、
一体どういうわけだ?
他に書いているブログ(本・雑誌)は訪問も多いのに、
ランキングは低い。
きっと集計がむちゃくちゃなのに違いない。
本当に不思議だ。
でも見てくださっている皆さんには
本当に感謝しています。
ありがとう。
【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(2)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

1 規則、すなわち法規や行政規則によって、一般的な形で秩序づけられた明確な官庁的権限の原則
3つの契機
1)官僚制的に統治される団体の目的を遂行するに必要な規則的な活動が、いずれも明確な形で分配されている
2)この義務の遂行に必要な命令権力が、同じく、明確に分配され、かつそれらに割り当てられた強制手段(物理的または宗教的あるいはその他の)も、規則によって厳格に制限されている
3)かように分配された義務を規則的かつ継続的に遂行し、それに対応する権利を行使するための計画的な配慮。それは、一般的に規制された資格を具えた者を〔官吏に〕任命することによって行われる

公法的支配・・・官僚制的「官庁」
私経済的支配・・・官僚制的「経営」

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー、官僚制(1)
”マックス・ウェーバー;官僚制”

1 官僚制の特徴

近代官吏制度に特有な機能様式
1)規則、すなわち法規や行政規則によって、一般的な形で秩序づけられた明確な官庁的権限の原則
2)職務体統と審庁順序の原則
3)近代的な職務執行は、原案または草案という形で保存される書類(文書)に基づいて行われ、その任に当たる者は、あらゆる種類の下僚や書記から成る幹部である。
4)職務活動、すくなくともいっさいの専門化した職務活動
5)完全に発達した職務では、職務上の活動には官吏の全労働力が要求される。
6)官吏の職務遂行は、多かれ少なかれ明確で周到な、また習得しうる一般的な規則にしたがってなされる。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー;社会主義(17)
”マックス・ウェーバー (著), 浜島 朗 (翻訳);社会主義 講談社学術文庫 511”

p85より
革命は内乱を引き起こし、またそれとともに、おそらくは協商の勝利をもたらすかもしれません。しかしながら、社会主義社会を招来することはできません。さらにそれは、万一崩壊した国家の内部に農民的および小市民的利害関係者の支配、したがいまして、あらゆる社会主義の急進的敵対者の支配を引き起こすことができ、またそうするでありましょう。だが、なかんずくそれは、とてつもない資本の破壊と混乱とをもたらし、こうしてマルクス主義によって要求された社会発展のねじを、さかさに廻すことになるかもしれません。この発展は、それこそ経済をますます資本で充満させてゆくことを前提するものなのです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー;社会主義(16)
”マックス・ウェーバー (著), 浜島 朗 (翻訳);社会主義 講談社学術文庫 511”

p83より
かれらのすべては、そのうちのいかに過激な分子でも、革命の唯一可能な帰結として、プロレタリア的社会秩序の機がまだどこにも熟していないという理由から、プロレタリア的に指導された社会秩序ではなく、ブルジョア的社会秩序の成立を予期していることが明らかとなるのであります。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】マックス・ウェーバー;社会主義(15)
”マックス・ウェーバー (著), 浜島 朗 (翻訳);社会主義 講談社学術文庫 511”

p77~p78
どのような近代的工場経営も、徹頭徹尾、計算、商品知識、需要状況の知識、技術的訓練に依存していますが、こうしたことがらはすべて、次第に専門的に行われる傾向にあり、また、じっさいの労働者である労働組合員は、こうしたことがらを学び知る機会にまったく恵まれないからであります。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【映画】スターリングラード
スターリングラード

”スターリングラード”

ボルシェビキ革命が何をもたらしたのか、
労働者による平等社会の実現がいかにインチキだったか
うまく描かれていました。
人間は理性で動くものではなく、
情念で動くものだと教えてくれる作品です。
二人の男、政治将校と祭り上げられた英雄、と一人の女。
うまい取り合わせでした。
どんな極限状態にあっても、とにかくしぶとく生きる、
これしかないですね。
最後のシーンも良かったです。
なかなか良い映画でした。
【読書メモ】マックス・ウェーバー;社会主義(14)
”マックス・ウェーバー (著), 浜島 朗 (翻訳);社会主義 講談社学術文庫 511”

p70より
いわゆる「修正主義」が成立したのであります。今夜にも救いがやってくるかもしれないとかつてのキリストがいったような福音を大衆に与えた、突然訪れる幸福な将来へのあの信仰を、大衆から取り去るという処置が、いかに重大なものであったかは、修正主義の本来の指導者がすくなくともいくらかは気づいていたのであります。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。