カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ごゆるりとどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

プロフィール

甲賀幻妖斎

  • Author:甲賀幻妖斎
  • 工学部出身ですが、社会に出ると技術系の知識よりも
    社会科学の知識が必要とされることを痛感。
    組織と人間、それを取り巻く社会の関係について考えています。
    ”Top Page” に戻る。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

望山馳死馬。
社会、組織、人間のかかわりについて考えています。 主に、読んだ本や映画のメモです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原著を読むために】多読学習法へのお誘い
邦訳を読んでいたこともあるかもしれませんが、
原著”The End of Economic Man: The Origins of Totalitarianism”読み終わりました。
数年前までの自分なら邦訳を読んでいたとしても、
きっと原著を読み通すなど出来なかったでしょう。
これも多読学習法のおかげです。

多読学習法とは多読3原則(1.辞書は引かない 2.わからないところは飛ばす 3.つまらない本はやめる)を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読めば、
必ず洋書が読めるようになる学習法です。
ご興味のある方は
”SSS英語学習法研究会”
をのぞいてみてください。
”私の多読記録”もよかったらどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。